読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sleepless



吉祥寺界隈で活動する4人組の日本語エモバンド「sleepless」。なんだかこの言い方だと薄っぺらくて嫌だなぁと思うほどには、好きなバンド。

f:id:i_nuuu:20160905022631j:image

バンドHP

バンドキャンプ

過去のインタビューみたいなやつ




メンバー
吉原公太さん(ギター、コーラス)
吉原祐二さん(ボーカル、ギター)
中村周平さん(ベース、コーラス)
フクタハヤトさん(実質メンバーのような、サポートドラム)


f:id:i_nuuu:20160905024638j:image
ツイッターのバンドアカウントのヘッダーの時点で良いバンド臭がすごい。




初めて観た YouTube は たしか これ。天王町オリーブも横須賀かぼちゃもweaveも、好きがいっぱいのMV◎

2ndデモ 収録/ complicated





吉祥寺WARPで初めてライブを観たら1発で「心をぶち抜かれた」。その一言に尽きるようなライブを「観た」というよりも、「目撃 」して好きになったバンド。
1stデモ収録 / small shake




「男くさい」かっこいいバンドは沢山いても、『青春真っ只中』のようなワクワクする「楽しさ」と、良い意味で ある種の「ダサさ」と「男くささ」を持った、剥き出しの熱量を魅(観)せてくれる素敵なバンドは個人的にはすごく珍しくて。




ライブで1曲目が終わった頃には、不思議と元から自分が熱心なファンだったかのような一体感に身を置いていて、心をぐっと鷲掴みにされるというか、元気がでる方向に心をコテンパンにしてくれる。




その時の感覚は、スリープレスの吉原兄弟も敬愛して止まない《 bacho》を初めて観たときと、まさに一緒で。そのバックグラウンドあっての、このバンドなのかぁ。と思わず頬が緩んでしまった思い出。




でも、だからと言って、他の真似事みたいなことでは全くなくて。 IIOI だったり海外エモからも色濃く影響受けているからなのか、スリープレスは「スリープレス」として唯一無二的なかっこよさ。



イースタンユースやbachoがプロ野球チームだとすると、スリープレスは近所の少年野球チームくらいの距離感なイメージ。



それは『手軽、弱い』って意味じゃなくて、全力な姿に近所(周り)の人達が自然と寄ってきて本来なら部外者な人達まで全員当事者にしちゃうような、皆んなから熱心に応援される愛されバンドという意味での、近所の少年野球チーム◎




まさに これとか 、本当にそんな感じ。すごく好きな曲のすごく好きな動画。
2ndデモ収録 / Trigger




聴くと背筋がシャンと伸びるというのはわざとらしいけど、自分の曲がった背筋をガツンと蹴り飛ばして1本の直線に伸ばしてくれるようなライブをするsleepless が 大好きです。個人的には、がんばりたい日の朝に聴くバンド、ナンバーワン。












というかゴチャゴチャ言う前に、スリープレスみんな良い人たちだから好き!とりあえず、そこも含めて好き!それが曲に現れてるから更に好き!だいすき!




サードデモもレコーディングしているようで、すごく楽しみダ ◎!

f:id:i_nuuu:20160905033608j:image


bacho × スリープレス の2マン
いつか ぜったい に  観たい!
それも、できれたら、吉祥寺ワープで!
ゆーじくんに 根無し草 歌ってほしい!